×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漢方薬とダイエット

一般に風邪の初期に用いる漢方薬といえば、
葛根湯(かっこんとう)という漢方薬を思い浮かべる人が多いのですが、
葛根湯の適応としては、風邪の初期で、体がゾクゾクする悪寒、発熱、
頭痛および首筋にこわばりがあれば葛根湯の漢方薬は良く効きますが、
不妊症の方は、この漢方薬は控えた方がいいです。
胃腸が丈夫で、比較的ガッチリした体格の人に対して使う漢方薬です。
漢方薬では、一般に体力が強い患者を「実証」、弱い人を「虚証」と診断しますが、
生理機能が低下している高齢者や冷性の人には葛根湯の漢方薬を使うのは
ふさわしくありません。
それは、葛根湯の漢方薬に含まれている麻黄の主成分であるエフェドリンが交感神経を
興奮させる作用がこの漢方薬にあるほか、胃痛、下痢などの消化器障害を起こす恐れがあるためです。
冷え性やアトピー、便秘、高齢者の場合は、排尿障害の恐れもあります。
OTC薬でもdl-塩酸メチルエフェドリンを含む漢方薬の風邪薬は、
高齢者に慎重投与指示があるように、葛根湯の漢方薬にも同様の配慮が必要です。

ツムラの漢方

ツムラの漢方薬で別名「錦糸鶏」そして、
鶏の女王と言われるツムラの漢方薬の烏骨鶏は中国江西省が原産地だという。
絹糸状のきれいな毛を掻き分けると皮膚が紫黒色をしており、冷え性にも効きます。
このツムラの漢方薬は骨や肉、内臓、卵巣や睾丸にいたるまで
メラニン色素を持っているため黒い身体をしており、ダイエットにも効果があります。
このことからカラスのように骨まで黒い鶏なので、このツムラの漢方薬は
「烏骨鶏」と呼ばれるようになったそうだ。
このツムラの漢方薬はアルカリ性食品のため血流を良くし、便秘、冷え性、アトピー、
免疫力や自然治癒力を高める作用に優れていることから糖尿病や高血圧に効果があり、
ツムラの漢方薬は中国では1500年以上前から漢方薬として、
薬膳料理や美容食として使用されてきた漢方薬である。
肉、骨、内臓、卵から羽毛にいたるまで全てを用いたツムラ漢方薬が古来より
滋養強壮や不妊症にもたいへん良いそうだ。

花粉症に効く漢方薬

花粉症に効く漢方薬は、人口約6,000万のイギリスの20%にあたる1,200万人が
花粉症を発症しており、抗アレルギー剤等の売り上げは8,000万ポンド(約160億円)
に上る見込みだとのことです。花粉症様様ですね。
花粉症に効く漢方薬の主な製薬会社とその商品名が紹介されていました
花粉症に効く漢方薬の他の会社もジェネリック医薬品の販売を始めるもようです。
ちなみに私がここ数年、花粉症に効く漢方薬を処方されたのはセルテクト、
アレグラ、エバステルという薬なのですが、同じ名前のは出ていませんね。
漢方薬は今まで、冷え性、アトピー、便秘と効能がありましたが、
とうとう花粉症に効く漢方薬を飲むようになってしまいました。
非常に気になるのは、これらの花粉症に効く漢方薬の中には、
製造コストの300倍の値段で売られている漢方薬もあるという一節です。
花粉症に効く漢方薬の製薬は研究開発が非常に重要な分野だと思うので、
原価に近く売れとはとても言えるものではないと思いますが、300倍ってすごい。
これで他の、アトピーや便秘、不妊症も治ればいいですね。

Copyright © 2007 花粉症、不妊症に効く漢方薬の紹介